モチベーションを上げやすいタクシー乗務員の仕事

安全で安心の出来る運転を

運転手

サービス業と言う信念も必要

バスを運転する仕事と言うと、町中を走る乗り合いバスの数が多くなると思われます。ですがそれ以外にも長距離専門に走る高速バスとか夜行バスと言った運転手も当てはまることになる上、観光専用のバス運転手と言うことも考えられます。更には数が少なくなると考えられますが、学校や幼稚園における送迎や、温泉ホテルなどがお客様の移動に利用するバスの運転と言う仕事も出て来ます。基本的にはお客様を運ぶことが仕事となるのがバス運転手ですが、運転だけでは安全を守ることは出来ません。それぞれに属する会社が違うと仕事内容も変わって来ると思われますが、乗務する前には必ず車両点検を行うことが基本です。計器にトラブルは起きていないか、エンジントラブルの心配はないか、ウィンカーやライトが正常に作動するのか、タイヤ空気圧は大丈夫なのかなど、いろいろ点検作業がある訳です。また自分が担当することになるバスを綺麗にしておく必要もあり、空いた時間には洗車とか室内清掃をかかすことは出来ません。これら安全運転に徹する必要があるバス運転手になるためには、大型第二種自動車免許取得が必要になります。この免許を取得するには、普通自動車免許や大型一種自動車免許を取得してから3年以上の期間も必要になります。バス運転手になるために必要な技量もあります。時間厳守な運行が必要ですが、安全であり安心の出来るハンドリングやブレーキングが必要です。乗っているお客様が安心して、危険を感じない運転が求められることになり、サービス業であると言う意識を強く持つ必要がある仕事にもなっています。

Copyright© 2019 モチベーションを上げやすいタクシー乗務員の仕事 All Rights Reserved.